紅白桜梅藤楓紅葉紫陽花いろとりどり

月曜日, 4月 25, 2005

eliminate root causality!!!

散々と自分を省みるチャンスがあったのに、進歩がなかった。

みすくん、ありがとう。
正直、言われている時は泣きそうだった。辛くて。

でも、今日一日を寝込んでいる時に考える機会があった。

理想の人間性。

まず、指摘された、排他的・壁作りな自己防衛的無関係な人との関係。

そんなことをしている人間が、完璧なわけはない。
人に指摘をむやみやたらに理由があったとしても乱発するやつが、全ての人から信用される人格を備えている人間なわけがない。

乾さんは、そういうことはしなかった。

別に乾さんが完璧な理想像というわけではないけど。

少なくとも、人として、垢の他人の馬鹿騒ぎに無下にキツクがみがみしたことを口に溢して周りの人に伝えるのは、人として理想の人間はしない。

関係ないんだから怒る必要も、けなす必要も、ましてや見下す必要もない。
うるさいんだったら、元気がいいなぁ!って前向きに考えれば何もわだかまりもない。
それがひどければ直接なり、店員なりに注意を柔らかくすればいい。

人相で判断しても、それを口にすることなんて、周りの人に嫌な思いをさせるだけで、いいことは何もなし。

我慢できない理由は何だろう?

騙されるのが怖い。
言っていなければ、簡単に心を許してしまうから。
そして、騙されてしまうから。
都合よく利用されてしまうから。

別にそんなことはない。

もう十分、色んな痛い目には遭ってきた。

だから、これ以上、自分を追い込むことはしなくていいよ。


お金を貸すなら、返ってこない前提で自分に被害の出ない、最低の額をあげる心積もりにする。
嫌な事はあと腐れなく断るし、自分の行動の将来的に引き起こす可能性のある弱みを作らない。

自分に嫌なことをするのは、一方的な友達であって、双方向の友達じゃない。
相手から見たら、自分はただの体のいい鴨。

受け入れよう。
全てを。

煙草の煙も、ノイズも、耐えられなかったら、直接言えばいい。

騙されるのは嫌だ。

でも、関係のない人を傷つけるのはもっと嫌だ。

さぁ、がんばろう。


アドバイスと言ったって、もっとベターなやり方がある。
口にすれば感じが悪いとされる。

なら、口にはしないで、紙にでも記して、どうしてもその人の役に立ちたいと言うお節介をしたいのなら、そっと鞄の中にしのばせてあげればいい。

全然、直接、オレに害はないし、周りも気付かないから、とっても効果的。(的確なアドバイスでないと、逆効果だが。正直、余計なお節介だわね。)